●コスメティック販売技術

化粧品売り場にいらっしゃるお客様が100人いれば100通りの”なりたいイメージ”や”お肌の悩み”があります。
コスメティック販売には、その一人ひとりに適切なアドバイスや商品選定が求められます。お客様に納得していただける良いアドバイスをするための
皮膚やスキンケアに関する基礎知識と、それぞれのお客様に的確なアドバイスができるようになる化粧品ならではの販売テクニックが学べます。

コスメティック販売技術の3つのポイント

  •  お客様のご要望に沿ったアドバイスを行うための基礎知識
  •  お客様に楽しみながら化粧品を使い続けてもらうためのコミュニケーション
  •  お客様の立場になった親身なカウンセリングとコンサルティング

カリキュラム(例) Curriculum

  • テーマ
  • トレーニング内容
  • 身につくスキル
スキンケア

皮膚の基礎知識
  • 皮膚の構造と働き
  • 季節と肌の関係
  • 肌トラブルの原因
  • 肌タイプ&肌コンディション
  • etc...

皮膚の構造やスキンケアの正しい知識を身につけることでお客様への適切なアドバイスや説得力のあるセールストークが身につきます

メイクアップ理論

技術
  • 顔の立体とプロポーション
  • ベースメイクテクニック
  • ポイントメイクアップテクニック
  • タッチアップ技術
  • etc...

”顔”分析の知識を習得し感覚やセンスのみでなく、理論に基づいたメイク技術を身につけて、商品の良さを体感していただく為のタッチアップテクニックなどを学びます

コスメティック

スキンケア販売テクニック
  • お客様の心理
  • スキンケアアイテムの役割
  • カウンセリングコミュニケーション
  • トラブルスキン対応術
  • etc...

お肌の悩みをスムーズに引き出して、お客様のご要望に合わせた的確なアドバイスをすることにより、お客様から信頼される化粧品販売のテクニックが身につきます

研修方法(例) The training method

例えば、こんなケースに…

★ 新人スタッフに化粧品販売の基本を学ばせたい  ★ ブランドオリジナルの要素を盛り込んで経験豊富な講師に指導してほしい etc...

例えば、こんな方法で…

講義

企業様のニーズに合わせてカスタマイズしたテキストを作成し、各分野の経験豊富なトレーナーが現場で明日からすぐに使えるノウハウを提供します

個人・グループワーク

自己分析や受講者同士のペア・グループワークを通じて、自分自身の接客経験を振り返ったり、今後の成長に向けた気づきや発見があります

グループディスカッション

受講者同士が活発な意見交換をすることで、主体的にトレーニングに参加をすることができ、自ら考えて現場で実践する"考動力"が身につきます
考動力:モードコンシェルジェ用語

ロールプレイング

トレーナーは全員、販売・マネジメントの経験者なので、ショップで実際に起こり得るケースを想定し、実践的なアドバイスが得られます

ページトップへ